国立嘉義高級商業職業学校(台湾)
テーマ:スーパーボランティア

台湾921大地震からのアイディアですが、その時救済をしたボランテイア達が自分のことを犠牲にして、たくさんの命を救出しました。ボランテイア達に感謝の意を表します。
これを背景に、被災者を救援するために奔走しているボランテイアの姿を描きました。主人公のお母さんは人を助けるのが好きなボランテイアでした。小さい頃からこんな母親を見てきた主人公はボランテイアの仕事を目標にしていました。でも、921大地震で母親がなくなりました。
悲しい気持ちの中で、主人公のスーパー能力が呼び起こされました。他の人も同じ悲劇を起こさないようと心の中で決めました。だから、主人公は自分のスーパー能力を使って、他人を手伝ってきました。その中で、母親が他人を手伝うのは自分のためではなくて、他人を再び笑わせるためだと気づきました。つまり、主人公にとっては母親がスーパーボランテイアなのです。

戻る