Return(3)

  • 漫画
  • 2014.5/19
  • 29P

作品レビュー

全体的にとても画力のある作家さんです。キャラの書き分けもできてるし動きもよくかけています。
ストーリーはまだまだ整理が必要です。各キャラクターの思い入れや過去のストーリー事件の展開などが独りよがりな流れになっていて、読み手に伝わりません。ネームの段階でもっと練って、いろんな人に見てもらいながら作画に入るといいでしょう。
見せ方はキャラはよく動いてるのですが、いかんせん、いつ、どこで、だれが、何をしているかという描写がないため、展開がよりわかり辛いものになってます。
1ページに1コマは、場所とキャラの立ち位置がわかるような絵を入れるようにするとメリハリが効くでしょう。
また1話目のギャグテイストの表現と後半の表現が違うので、このあたりも統一感を出したほうがいいでしょう。
将来性を感じる作家さんです。

レビュワー:佐佐木あつし
京都市出身。
漫画家。コミックプロデューサー。㈱エートゥシー・プロダクション代表取締役。社団法人日本漫画家協会会員。
1985年『あの娘はわがままシンデレラ』(講談社)でデビュー。
代表作に『ぶらり鉄扇捕物張』、『ガリンペイロ』、『灰色の十字架』、『激打ちラッシュ』など。
ラブコメディから歴史、ギャンブル、ミステリーなど幅広い作風が特徴。
現在は大手広告代理店並びにデジタル配信会社などと提携し、ボーンデジタル(デジタル発の作品展開)を模索し、日本、中国をはじめ世界配信を念頭にした大型プロジェクトを展開中。

ユーザーコメント

Top Page
  • この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。