マンゴーとイチゴの小説家

  • 漫画
  • 2014.1/8
  • 33P

作品レビュー

詩のように絵と言葉と色の流れがあります。特に水彩の色の使い方がよく絵の世界観を広げてくれています。ただ読んでいて、現実と小説の中の世界が交わってしまい、読み手が迷ってしまいます。たとえば色と色のない世界といった風にわかりやすく伝える工夫を。

レビュワー:田中 誠一.
漫画家、劇画原作者、イラストレーター、カメラマン、ノンフィクション作家として雑誌、書籍などで幅広く活躍。元プロミュージシャンという経歴も持っている。「16フィートの真夏」「拳雄たちの戦場」など著作多数。
文星芸術大学講師

の他の作品

ユーザーコメント

Top Page
  • この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。