絵舞

  • 漫画
  • 2014.1/8
  • 40P

作品レビュー

不思議な感性をもった作品です。心の言葉と現実の言葉、現実の世界のキャラと絵の妖精の世界。世界観、絵の見せ方と魅力だが、わかりにくい演出と流れのために、伝わりにくい世界観になってしまっています。「わかりやすく伝える」を意識してください。

レビュワー:田中 誠一.
漫画家、劇画原作者、イラストレーター、カメラマン、ノンフィクション作家として雑誌、書籍などで幅広く活躍。元プロミュージシャンという経歴も持っている。「16フィートの真夏」「拳雄たちの戦場」など著作多数。
文星芸術大学講師

ユーザーコメント

Top Page
  • この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。