• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

山神さやか

創作宝石シリーズ『異界の支配者』

  • イラスト
投稿日 2009.10/12
ページ数 1P
ページ方向 右開き
作品紹介 宝石をイメージした創作キャラです。設定は乙女ゲームを想定。
使用画材:コピックスケッチ、Drマーチン、DrマーチンPEN‐WHITE

【人物】
【右下:藍晶石(カヤナイト) 異界の執政官であり、王なき世界の最高権力者】
【中央:金剛石(ダイヤ) 四大貴公の一人であり。藍晶石の片腕】
【左下:緑玉 (エメラルド) 四大貴公の一人。医師を務める】
【左中:赤玉 (ルビー) 四大貴公の一人で、青玉の双子の弟。軍事を担当】
【左上:青玉 (サファイア) 四大貴公の一人で、赤玉の双子の兄。現在は訳あって城から出奔中】

壁に鏡のようなものが無数にはりつけられた暗い世界を、するすると、どこまでも無抵抗に落ちていく。
その中の一つに、自分のよく知った顔が映ったような気がした。
やがて足元でなにか、光の輪のようなものが瞬くのに気がついた。
――出口? いや、違う。 鏡だ。 大きな鏡が不吉な光で自分を待ち受けているではないか。
ぶつかる! 強く目を瞑った瞬間、何かに身体全体が覆われて、あのおかしな浮遊感も焦燥も何もかもが消え去るのを感じた。
そして次に目を開けた時、そこはもう私の知る世界ではなかった。
『――ようこそ、新しい鍵よ』

支配者は貴石の名をもつ者。
理(ルール)を書き換えるのは自分次第。
――そこは、真実が嘘をつく世界――

山神さやかの他の作品