• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

まのまな ~甘い友情・憂鬱な恋~ 5(最終)

  • 小説
投稿日 2014.1/27
ページ数 173P
ページ方向 右開き
作品紹介 画像提供 http://ikabegami.net/21748.html
背表紙 syou http://endemic915.blogspot.jp/

 真音には支援者が居ること、愛菜の母親との接触、ヴァイオリンを進呈する人が居ることなどで、死への想いから目をそらせる状況ではあった。
 高級なヴァイオリンを弾いた真音を愛菜は恐ろしいと感じた。演奏にも悪影響出て、関係者を悩ませる。
 真音には愛菜の状態が理解できていた。
  ああ、甘い友情のためには憂鬱な恋心……。

松野胡桃の他の作品

ユーザーコメント