• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

『パヴァーヌ』(3)最終

  • 小説
投稿日 2014.1/2
ページ数 239P
ページ方向 右開き
作品紹介 ケイトの暴走をきっかけにクライマックスを迎える。誘拐犯からの救出、脱出。最後に、プライスによる研究発表の場で人類存続の希望とともにメグの正体が解かれる。
一方、記憶喪失のメグはケイトと共に里帰り。ケイトの暴走をきっかけにクライマックスを迎える。誘拐犯からの救出、脱出。最後に、プライスによる研究発表の場で人類存続の希望とともにメグの正体が解かれる。


ガラパゴスストア販売終了

《23》何かを投じると、燃焼していろんな色の光が出る
《24》ダニエルのことは頼んだわよ
《25》君はいいものを見ることになるのだから
《26》行かせてあげて
《27》今度はミリエムをさらったの?
《28》撃てないはずよ!
《29》メグの中からケイトを思い出して
《30》確実な数式と結果を得ています

松野胡桃の他の作品

外部サービスで購入する