• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

今橋元

遺体≪小学館スペリオール第8期新人コミックオーディション-敢闘賞≫

  • マンガ
投稿日 2015.11/13
ページ数 62P
ページ方向 右開き
作品紹介 ≪小学館スペリオール第8期新人コミックオーディション-敢闘賞≫
【ストーリー】
洞窟で見つけた首つり遺体をモデルに、ひとり画を描き続ける孤独な中学生・優(ルビ:まさる)。そこに同級生の西田が偶然現れる。焦る優だったが、そんなことを意に介さない不思議な西田との間に友情が芽生えていく。しかし二人に残酷な岐路が訪れ・・・

【講評】
主人公が首つり遺体を「友」と呼び、「彼」の画を描くという孤独描写に作者の強い意図を感じました。そんな主人公の心を氷解させる友人キャラも魅力的。しかし内容に対して「62」というページ数はやはり長すぎで、基本的な構成力をつけていくことが課題だと思います。(谷川)

【受賞の言葉】
このような賞に選んでいただき、大変光栄です。もっと面白い漫画を読んでいただけるよう、毎日色々な事と向き合って描き続きていきたいと思います。

ユーザーコメント