• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

三郎

スモーカーズ≪小学館スペリオール第8期新人コミックオーディション-連載作家賞≫

  • マンガ
投稿日 2015.11/13
ページ数 32P
ページ方向 右開き
作品紹介 ≪小学館スペリオール第8期新人コミックオーディション-連載作家賞≫
【ストーリー】
今日もつるんで会話している、いつもの男3人組。「金なし趣味なし女なし」…何の生産性もない共通点の他に、彼らに共通しているのは「愛煙家」という1点のみ。彼らは「愛煙会」を結成し、自らの煙草愛について語り始めるが…

【太田垣氏講評】
どこか無国籍な香りがする独特の雰囲気に将来性を感じる。アメリカンニューシネマや大友克洋氏の初期短編に似た味わいを醸し出す作家は近年珍しい。ストーリーも良質な落語のようで読み終わった後ニヤリとしてしまった。

【受賞の言葉】
念願の受賞を果たし、とても光栄で嬉しく思います。最近は挫折に慣れすぎていましたが、描き続けてよかったと思います。少しでも期待してくれる人がいるなら、最大限の努力をしようと思います。よろしくお願いします。

ユーザーコメント