• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

黒板少女

  • マンガ
投稿日 2014.11/24
ページ数 10P
ページ方向 右開き
作品紹介 その後ラクガキの犯人はとある忘れ物によって判明する。
彼は「自分じゃない。黒板が書かせたのだ。」と意味不明の供述をしており、以来同窓会などには呼ばれなかったという・・・。

八箍泣人の他の作品

マンガ
駄菓子少女

ユーザーコメント