• この作品を見る

※作品の無断転載は法律上禁止されています。

椎名見早子

太陽のむすめ月のむすこ

  • マンガ
投稿日 2014.2/10
ページ数 43P
ページ方向 右開き
作品紹介 この作品は1989年にコピー誌として同人誌即売会で売ったもので、20部くらいしか作らず、その後ネットでも未公開でした。当時プロデビュー直後のなかなかネームが会議を通らず描けない頃で、とにかく原稿が描きたくて描いたんだったと思います。コピー誌の解説では「ネームの描き直しを一度もせずに描きっぱなしのまま描いた。」と言ってます。ネーム直されるのに辟易としてたんですね(^_^;)。
実はキャラクターは「お月様のサボテン」と同じです。でも話はまるっきり違います。「お月様のサボテン」は元々「花とゆめ」でボツになったネームで、そのキャラを使って趣味で描いたのがこの作品です。
「ボニータ」で掲載された(現在ネットに上げている)「お月様…」は没ネームをかなり直したものです。「お月様…」の方がキャラ立ちはいいと思います。でも筋立てとしてはこっちの方がシンプルに分かりやすくまとまってる気がします。それだけに地味ですけどね。
コピー誌にする為に描いたので、原稿サイズもタチキリの幅も普通と違います。当時は文字も手書きでした。今回文字入れをしてタチキリをコピー誌より多くカットしています。何しろ古いので絵がなんというかナンなんですが(^_^;)久しぶりに虫干しする様なつもりで出してみることにしました。

椎名見早子の他の作品

ユーザーコメント