【スペリオール】新人コミックオーディション 第6期生結果発表!!
ハルマゲドン すぐに、アナタが、死んでしまう ○○な彼女 君の声が僕の音楽 ヤクザが歩けば鈴が鳴る
ハルマゲドン
  • 大賞
  • ハルマゲドン
  • 平稔
すぐに、アナタが、死んでしまう
  • 連載作家賞
  • すぐに、アナタが、死んでしまう
  • 岩崎真
○○な彼女
  • 優秀賞
  • ○○な彼女
  • クボ98
君の声が僕の音楽
  • 奨励賞
  • 君の声が僕の音楽
  • 田無薫
ヤクザが歩けば鈴が鳴る
  • 奨励賞
  • ヤクザが歩けば鈴が鳴る
  • 佐藤ダイン

【編集長総評】
スペリオール新人コミックオーディションに沢山のご応募ありがとうございました。審査の結果、以上の5作品が受賞となりました。当賞は、回を増すごとに応募作品のレベルが上がってきているように感じていますが、今回はこれまでの中でも特にハイレベルなオーディションとなり、結果、『ハルマゲドン』の大賞受賞となりました。平稔さん、おめでとうございます。
読んでいて感じるのは、「描きたいこと」がハッキリしている作品が増えてきていることです。そしてそれは非常にいい傾向だと考えています。
言うまでもなく、漫画はあくまでも「表現手段」です。「描きたいこと」「描かずにはおれないこと」「読者に伝えたいこと」を持っていなければ作品にはなりません。それがなく、ただ物語のために物語を作っているだけ。漫画のために漫画を描いているだけ。絵が上手いだけ。それでは作品になりえません。
逆に言えば、「描きたいこと」を持っていて、それが面白くさえあれば、どれだけ絵が下手でも、構成が稚拙でも、技術がなくても、「面白い作品」になりえると考えています。そして、そういう荒削り状態の新人の方たちに、是非とも当オーディションに応募してきてほしいと思っています。
技術は後からついてきます。そんなことは後回しでいいから、あなたが今抱えている「描きたいこと」「描かずにはおれないこと」を是非とも原稿用紙にぶつけてみてください。そしてそれがどんなに稚拙であっても構いません。応募してみてください。そこに「あなたならではの面白さ」が描かれているならば、私たちはその作品を評価します。
スペリオールは、これから変わっていきたいと思っています。これまでよりもっと広く沢山の読者に読んでもらえるような雑誌を目指しています。そのためにも、新人の漫画家さんたちにどんどん連載していただき、新しい風を吹き込んでいただきたいと思っています。
私たちは、あなたたち新人漫画家を必要としています。次回も是非、沢山のご応募をお待ちしています。(編集長 菊池)