東京学芸大学附属国際中等教育学校(東京都)
テーマ:二刀流

渋井さんは両手で砂糖を入れるような、「甘い自分」との二刀流を使い分けている。スイーツ男子のようにギャップのある人は、言葉では理解されているが、実際は固定概念が先立っていると考え、まだ人を見た目で作り上げてしまっている現代社会を主題にした。

戻る