バナー

太田女子高校(群馬県)
テーマ:ありのままで

花を使用して命が散っていく所悲しみなどを表現しています。活き活きと自分の生をまっとうしている時に、闇が彼に忍び寄り、直接的な描写をあえて描かずファーになった彼を描いています。生きている時でも充分愛らしい彼です。何故毛皮にならなくてはならなかったのでしょうか?アニマルファーの残酷さも共に伝えたいと、このような作品になりました。

戻る